最新情報
2015年04月14日

『そば』は、食物繊維の特に多い食品です。

材料
厚生労働省メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイトEヘルスネットによると、食物繊維の必要性と健康の中に、食物繊維は消化されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。現在ではほとんどの日本人が不足気味の成分ですので、積極的に摂取することが勧められます。食物繊維は、豆類・野菜類・果実類・きのこ類・藻類などに多く含まれています。特にそば・ライ麦パン・しらたき・さつまいも・切り干し大根・かぼちゃ・ごぼう・たけのこ・ブロッコリー・モロヘイヤ・糸引き納豆・いんげん豆・あずき・おから・しいたけ・ひじきなどは、(1食あたり)普通に食べる量の中に食物繊維が2~3gも含まれています。効率的に食物繊維を摂るには、これらの食材を毎日の食事の中にうまく取り入れると良いでしょう。とあります。そば処『登喜和家』でも、そばの他に、食物繊維の多い具材を使った「けんちん」等豊富なメニューを取り揃えています。